コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マランビジー[川] Murrumbidgee River

世界大百科事典 第2版の解説

マランビジー[川]【Murrumbidgee River】

オーストラリア南東部,ニュー・サウス・ウェールズ州南部の川。スノーウィー山地(大分水嶺山脈の一部)に発し,西流してラクラン川などの支流を合わせ,マレー川に合流する。長さ1579km。中・下流のマランビジー灌漑地区(面積18万ha)はこの国の代表的な灌漑農業地域で,米,小麦,果樹などが栽培される。1829年にスタートが調査した。名称は大きな水を意味する原住民語に由来する。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android