コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラー/サド マラー・サド Marat/Sade

2件 の用語解説(マラー/サドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラー/サド
マラー・サド
Marat/Sade

ドイツの劇作家 P.ワイスの戯曲。2幕。 1964年初演。正式題名は『サド侯爵演出によるシャラントン癲狂院患者一同によって演じられたマラーの迫害と暗殺』。ナポレオン帝政時代,サドに率いられた狂人たちがフランス革命期の政治家マラーの暗殺事件を演じるさまを描いた作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

マラー/サド

1964年初演のペーター・ヴァイスによる戯曲。原題《Marat/Sade》。正式名称は『マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャンポール・マラーの迫害と暗殺』。1966年に第20回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。1967年にピーター・ブルック演出・監督により映画化された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラー/サドの関連キーワードデバイスバイブレーターキャラクターデバイスバイタルウオーター蛍まいヴァイス赤い鼻コラボレーターズベネファクターズマルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺屋根の上のヴァイオリン弾き

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone