コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラー/サド マラー・サドMarat/Sade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラー/サド
マラー・サド
Marat/Sade

ドイツの劇作家 P.ワイス戯曲。2幕。 1964年初演。正式題名は『サド侯爵演出によるシャラントン癲狂院患者一同によって演じられたマラーの迫害暗殺』。ナポレオン帝政時代,サドに率いられた狂人たちがフランス革命期の政治家マラーの暗殺事件を演じるさまを描いた作品。不条理演劇残酷演劇の影響を受けた文体で,革命/体制の対立と狂気/正気の対立を重ね合せている。革命家マラーと徹底した個人主義者サドの対置は,閉塞状況に陥っていた作者の自己対話であったとも考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マラー/サド

1964年初演のペーター・ヴァイスによる戯曲。略称《Marat/Sade》。正式名称は『マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺』。1966年に第20回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。1967年にピーター・ブルック演出・監督により映画化された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

マラー/サドの関連キーワードマルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺ブルック(Peter Stephen Paul Brook)グレンダ ジャクソンピーター ブルックヴァーナ ブルームジョディ ロングメタシアタージャクソン劇中劇

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android