コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラーガ マラーガ Al-Marāghah

1件 の用語解説(マラーガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラーガ
マラーガ
Al-Marāghah

エジプト中部,サウハージュ県の町。カイロ南南東約 370km,ナイル川中流西岸に位置する。綿,穀物,サトウキビナツメヤシの集散地。カイロ-アスワン鉄道上にある。人口約1万。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマラーガの言及

【天文台】より

…清朝の康熙13年(1674),ヨーロッパからの宣教師F.フェルビーストは,諸種の新しい観測器械を増設し,この北京天文台を拡充した。 イスラム系の天文学が栄えた中央アジアでは,1258年,イル・ハーン国の創設者フレグが,現在イランの北西境にあるマラーガMarāghaに巨大な天文台を作り,ナシール・アッディーン・アットゥーシーを台長とした。その後,1428年にはティムール朝の名君ウルグ・ベクがサマルカンドに天文台を作り,地下深く斜めに掘り下げた観測坑が今なお残されている。…

【ナシール・アッディーン・アットゥーシー】より

…トゥースに生まれ,バグダードで没。フレグのイラン侵攻後は,その政治顧問となり,彼がフレグの命によって建設した天文台がアゼルバイジャンのマラーガMarāghaに残っている。哲学者として彼はイブン・シーナーの存在論の真意を把握し,近世イラン哲学の主流である〈存在の根源的実在性aṣāla al‐wujūd〉の説の基礎を築いた。…

【マラーゲ】より

…人口12万9000(1994)。マラーガMarāghaとも呼ばれる。オアシスに依存したブドウやアンズの生産で有名。…

※「マラーガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マラーガの関連キーワードエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語アルアゲジーラ島エジプト十字架の秘密エジプト風カイロ国立オペラ・バレエ団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone