コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラータ戦争 マラータせんそうMarāthā Wars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラータ戦争
マラータせんそう
Marāthā Wars

インド,マラータ連合 (→マラータ ) とイギリス東インド会社との間の戦争。 18世紀末~19世紀初頭に3度戦われた。第1次戦争は 1775年に宰相 (ペーシュワー ) 位に野心をいだくラグナート・ラーオ (前宰相) が宰相マーダバ・ラーオを擁するナーナー・ファドナビースに対抗するためにイギリスに援助を求めて戦いを起した。第2次戦争は 1803年に宰相バージー・ラーオ2世がマラータ諸侯との抗争に際してイギリスに援軍を求めたのを口実に,イギリスはマラータ諸侯を次々に破った。 17年に始る第3次戦争で,イギリスは宰相のみならず,マラータ諸侯を完全に破って,宰相領を没収し,ほかのマラータ諸侯領を藩王国とした。このようにして,18世紀にムガル帝国に代ってインド最大の政治権力であったマラータ勢力は,内部分裂を利用したイギリスの巧妙な策略と軍事力の前に,18年最終的に敗れ去り,インドの植民地化は急速に進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マラータせんそう【マラータ戦争】

マラータ同盟とインド支配を進めるイギリス東インド会社との戦争。1775年から1818年の間に三度にわたり行われ、敗れたマラータ同盟は崩壊した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラータ戦争
まらーたせんそう

インドのマラータMartha勢力とイギリス東インド会社との間で三度(1775~82、1802~05、1817~18)にわたって戦われた戦争。第一次はマラータ宰相(ペーシュワー)位をめぐる内紛にイギリスが介入したもので、マラータ宰相府の権威と実力を著しく低下させた。第二次は北インドでマラータの最有力の侯であったシンデー家とイギリスが戦い、勝利したイギリスは広大な地域をシンデー家から割譲された。第三次は宰相バージー・ラーオ2世とイギリスとが戦ったもので、すでに弱体化していた宰相府は有効な抵抗をすることができず、有力な諸侯たちもすでにイギリスと結んでいたため、宰相府は最終的に滅ぼされ、宰相は北インドのカウンプルに流された。[小谷汪之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マラータ戦争の関連キーワードヘースティングズ(Francis Rawdon 1st Marquis of Hastings)ウェリントン(Arthur Wellesley 1st Duke of Wellington)ヘースティングズ(Warren Hastings)バージー・ラーオ(2世)ライーヤトワーリー制度ナーナー・サーヘブハリントン(伯家)エルフィンストーンランジート・シングウェリントン(公)ヘースティングズラージプターナガーイクワールコーンウォリスボンスレー家マラータ王国マラータ同盟シンディア家ピンダーリーウェルズリー