マリオ・デル モナコ(英語表記)Mario del Monaco

20世紀西洋人名事典の解説

マリオ・デル モナコ
Mario del Monaco


1915.7.27 - 1982.10.16
イタリアのテノール歌手。
フィレンツェ生まれ。
最初ヴァイオリンを学ぶが声楽に転向、18才でペーザロ音楽院のメロッキ教授に師事、1935年卒業。その後独学で発声とオペラの表現に励み、’39年入隊、軍隊在籍のままプッチーニ劇場のオーディションに合格、’40年「蝶々夫人」のピンカートン役でデビュー、’46年「アイーダ」のラダメスで成功を収め、’48年から世界各劇場に出演、「オテッロ」、「アンドレア・シェニエ」で最高の名テノールと賞される。’63年自動車事故で重傷を負いカムバックするが、第一線から退く。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android