コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリモ(毬藻) マリモCladophora sauteri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリモ(毬藻)
マリモ
Cladophora sauteri

緑藻類シオグサ目シオグサ科に属する淡水産の藻類。清冷な湖沼に産する。本種はヨーロッパ (ドイツ,デンマーク,スウェーデン,イギリス) ,シベリアにも分布するが,北海道の阿寒湖が分布の南限であるため早くから国指定特別天然記念物に指定されている。藻体は長円筒形の細胞から成り,著しく分枝しながら立体的にあらゆる方向にほぼ均等に伸長するので,径2~15cmの美しい緑色の球になる。この球状になる特性を重視してマリモAegagropilaという属を立てた人もいるが,糸状体は本質的にシオグサ属に同じである。なお択捉島の内保沼および北海道チミケップ湖にはウツロマリモ C. sauteri var. borgeanaという藻体に内腔を有する変種が知られ,北海道キモマトウおよび塘路湖には藻体が塊形になる品種トロマリモ C. sauteri form. profundaが知られ,山梨県富士山中湖にはフジマリモ C. sauteri var. yamanakaensisという親指頭大で糸状枝が粗雑な変種が知られている。またサハリン遠場湖には糸状枝が互いにからみ,綿のようになっている C. lagerheimiiという別種が知られている。青森県下北左京沼にはきわめて矮小なヒメマリモ C. minimaという種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリモ【マリモ(毬藻) lake ball】

北半球の亜寒帯から寒帯にかけての湖水中に生育する球形緑藻で,大きいものは直径25cmにもなる。日本では阿寒湖が産地として有名で,国の特別天然記念物に指定されている。球形の体は分枝のある糸状の藻体が密に接着してできたもので,小型のものは中実であるが,大きいものは中央は空所である。日中は光合成により放出された酸素の泡が糸状の藻体の間隙(かんげき)に充満し,その浮力により浮上することがある。球形のマリモは水の動きにより,糸状の藻体がからみ合ってできるもので,水の動きの少ない湖底では芝生状に生育することが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマリモ(毬藻)の言及

【阿寒湖】より

…湖岸には原生林がせまり,春のエゾムラサキツツジ,初夏のシャクナゲ,秋の紅葉が彩りを添える。阿寒湖のマリモは特別天然記念物で,現在は北部の2ヵ所にのみ生育し,深度1~5mの湖底,あわせて0.1km2が生育地であり,チウルイ島にはその観察センターがある。ヒメマスの原産地の一つで,各地の湖沼に移し殖やされた。…

【シオグサ(汐草)】より

…この同型世代交代の生活史の様式はとくにシオグサ型Cladophora typeと呼ばれる。種類数が多く,日本だけでも海産約30種,淡水産約3種が知られ,代表種として,海産種にはチャシオグサC.wrightiana Harvey,オオシオグサC.japonica Yamada,アサミドリシオグサC.densa Harveyなどが,淡水産種にはカワシオグサ(カモジシオグサ)C.glomerata KuetzingおよびマリモC.sauteri (Nees) Kuetzingがある。【千原 光雄】。…

【淡水藻】より

…淡水藻は海産のものに比べて微細なものや小型のものが多く,もっとも大きい車軸藻のホシツリモでもせいぜい2m余である。ほかに大きいものとして,直径25cmくらいになる緑藻のマリモや長さ40~50cmになる紅藻のチスジノリなどがある。しかし,全体の生物量は大きい数値を示すので,第一次生産者として水界の生態系において淡水藻が果たす役割は大きい。…

※「マリモ(毬藻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリモ(毬藻)の関連キーワード阿寒湖畔温泉北半球山中湖

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android