マリュウジ岩(読み)マリュウジがん(英語表記)mareugite

岩石学辞典の解説

マリュウジ岩

等粒のアウイン斑糲(はんれい)岩に相当する岩石で,ほぼ等量のオージャイトとバイトゥナイトを含み,少量のアウインなどを伴っている.しばしば角閃石,ソーダライトも含まれる[Lacroix : 1917].フランス,オーベルニュ(Auvergne),モン・ドーア(Mont Dore)のマリュウジ(Mareuge)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android