マリーエ ハムスン(英語表記)Marie Hamsum

20世紀西洋人名事典の解説

マリーエ ハムスン
Marie Hamsum


1881 - 1969
ノルウェーの舞台女優,児童文学作家。
1908年国立劇場の女優であった時に作家のハムスンと出会い、翌年に結婚した。夫の勧めで作品を書き始めた。主な作品に東ノルウェーのランゲルッドを舞台にして四人兄弟姉妹の姿を描いた「村の子供たち―農場の生活」(’24年、邦訳名「抄訳」「小さい牛おい」)、前出の作品で描かれた家族の1世代後の姿を描いた「村の子供たち―ランゲルッドの人々と家畜たち」(’57年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android