コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・ガラント島(読み)マリーガラントとう

百科事典マイペディアの解説

マリー・ガラント島【マリーガラントとう】

西インド諸島の東部にあるフランス領の島。グアドループ海外県に属し,グアドループ島の南東30kmに位置する。面積は158km2,人口は1万1561人(2010)。島の南西岸に中心集落のグラン・ブールがある。サトウキビの栽培を主産業としている。島は1493年にコロンブスによって発見され,島名は彼の乗船マリア・ガランダ号に由来する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリー・ガラント島
まりーがらんととう
Marie Galante

西インド諸島東部、リーワード諸島南部の島。フランスの海外県グアドループに属し、グアドループ島の南東約25キロメートルに位置する。面積158平方キロメートル、人口1万2488(1999)。サンゴ礁の島で、1493年コロンブスが到達した。島の中心はグラン・ブール(人口5934、1999)で、住民はおもにサトウキビ栽培に従事する。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android