コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・ガラント島 マリーガラントとう

百科事典マイペディアの解説

マリー・ガラント島【マリーガラントとう】

西インド諸島の東部にあるフランス領の島。グアドループ海外県に属し,グアドループ島の南東30kmに位置する。面積は158km2,人口は1万1561人(2010)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリー・ガラント島
まりーがらんととう
Marie Galante

西インド諸島東部、リーワード諸島南部の島。フランスの海外県グアドループに属し、グアドループ島の南東約25キロメートルに位置する。面積158平方キロメートル、人口1万2488(1999)。サンゴ礁の島で、1493年コロンブスが到達した。島の中心はグラン・ブール(人口5934、1999)で、住民はおもにサトウキビ栽培に従事する。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マリー・ガラント島の関連キーワードグアドループ[島]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android