マリー・フランス ピジェ(英語表記)Marie-France Pisier

20世紀西洋人名事典の解説

マリー・フランス ピジェ
Marie-France Pisier


1944.5.10 -
女優。
パリ大学在学中、オムニバス映画「二十歳の恋」(1962年)のフランス編に出演して認められ、’75年「Souvenir de France」でセザール賞の優秀女優賞を受賞する。’77年「Barocco」で再びセザール賞を受賞し、又、同年アメリカ映画「真夜中の向う側」でヒロインを演じ成功を収める。’80年代に入り、円熟度を増し国際女優として脚光を浴びる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android