コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ・エル[共和国] Marii‐El

世界大百科事典 第2版の解説

マリ・エル[共和国]【Marii‐El】

ロシア連邦内の共和国。ソ連邦ロシア共和国のマリ自治共和国であったが,1990年主権宣言を行い1992年マリ・エル共和国と改称した。面積2万3200km2,人口74万9300(1989)。首都ヨシカル・オラIoshkar‐ola(人口24万2000)。ヨーロッパ・ロシアの中東部,ボルガ川中流に位置する。国土はおおむね平たんで,約半分が針葉樹を主とする森林でおおわれている。気候は比較的穏やかな大陸性で,1月の平均気温は-13℃,7月は19℃,年降水量は450~500mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android