コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルカイミジンコ(丸介微塵子) マルカイミジンコ Notodromas monacha

1件 の用語解説(マルカイミジンコ(丸介微塵子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルカイミジンコ【マルカイミジンコ(丸介微塵子) Notodromas monacha】

貝虫亜綱ポドコーパ目カイミジンコ科の小型甲殻類(イラスト)。泥の多い浅い水田や池沼などにいるが,とくに春から夏にかけて多く見られる。体長0.8mmくらいの小さい丸形の二枚貝状の殻をもち,灰色を帯びた黄緑色。近縁種のナガカイミジンコHerpetocypris intermediaでは,殻は横長で楕円形をしており,半透明,淡い黄みがかった緑色または緑色をしている。長さ1.2mm,高さ0.5mmくらい。水草を入れた小さい水鉢や水槽にもよく現れるが,浅い水田,池溝にふつうに見られ,とくに夏から秋にかけて多く出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルカイミジンコ(丸介微塵子)の関連キーワード貝形類枝角類橈脚類ピリミジン亜綱いみじくも微塵骨灰鳥海山大物忌神社微塵子多節条虫類

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone