コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルク外債市場 マルクがいさいしじょうMark external bond market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルク外債市場
マルクがいさいしじょう
Mark external bond market

ドイツ・マルク表示の債券としては,ユーロ市場において募集されるユーロ・マルク債と,ドイツ非居住者が連邦内で発行するマルク建て外債の2種類があり,両者をマルク外債という。マルク建て外債は,(1) 引き受けシンジケート団はドイツの銀行が中心である,(2) ドイツ国内で販売される,という特徴がある。ドイツ連邦銀行は 1985年以来,マルク外債市場の自由化を推進し,マルク外債引き受けシンジケートの外国銀行への開放,スワップ債,ゼロ・クーポン債,変動利付債の発行の解禁,非居住者の投資に対する利子源泉課税の廃止を行なっている。 80年代半ば以降の西独の好況と,国際収支の大幅黒字の定着,マルク高,金融諸規制の緩和により,起債額も増加傾向を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android