マルコ山古墳(読み)マルコやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

マルコやまこふん【マルコ山古墳】


奈良県高市郡明日香村真弓にある古墳。明日香村の西部に広がる真弓丘陵の南端に位置し、周辺には高松塚古墳中尾山古墳、束明神古墳、牽牛子塚古墳など、古墳時代終末期の古墳が分布している。1977年(昭和52)と翌年に発掘調査が行われ、内部に高松塚古墳と同様の石室があることが明らかになったことなどから、1982年(昭和57)に国の史跡に指定された。古墳は東西に延びる尾根の南斜面を平坦に切り取った上に墳丘が築造されており、直径15m、高さ5.3mの2段築成で、埋葬施設は墳丘のほぼ中央に位置する凝灰岩の切り石を組み合わせた石室。出土遺物には漆塗り木棺の破片、銅釘、鉄釘や金銅製棺飾り金具などがあり、副葬品として金銅製大刀金具などがある。古墳の年代は石室の形態、出土遺物などから、7世紀末から8世紀初めと考えられている。近畿日本鉄道吉野線飛鳥駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルコ山古墳の関連情報