コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルスマン Marsman, Hendrik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルスマン
Marsman, Hendrik

[生]1899.9.30. ユトレヒト,ゼイスト
[没]1940.6.21. イギリス海峡
オランダの詩人,小説家。文芸誌『自由』の編集者として若い作家たちの指導にあたり,文芸誌『フォールム』の同人として活躍。生気論についての理論家でもあったが,1933年自分の理論の敗北を宣言。初期の詩は表現主義的であるが,次第にロマン主義的な傾向を帯びていった。第2次世界大戦中イギリスに逃れる際,船が撃沈されて溺死。主著は,詩集『復楽園』 Paradise Regained (1927) ,『寺院と十字架』 Tempel en Kruis (40) ,小説『アンジェル・デグルーの死』 De dood van Angèle Degroux (33) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルスマンの関連キーワードハイリル・アンワルオランダ文学フォールム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android