コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルセル・ジュノー博士

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マルセル・ジュノー博士

1904年、スイス生まれ。30代で赤十字国際委員会の派遣員となり、戦争中のエチオピアなどで医療活動をした。45年、連合国捕虜の収容状況調査のため来日。広島原爆での惨状の報告を受け、15トンの医薬品を提供するよう連合国軍総司令部(GHQ)と交渉し、広島で被爆者の治療に当たった。79年に平和記念公園内に顕彰記念碑が建立された。

(2008-02-10 朝日新聞 朝刊 週刊中国)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

マルセル・ジュノー博士の関連キーワード赤十字と核兵器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルセル・ジュノー博士の関連情報