マルソー(Marcel Marceau)(読み)まるそー(英語表記)Marcel Marceau

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルソー(Marcel Marceau)
まるそー
Marcel Marceau
(1923―2007)

フランスのパントマイム俳優。ストラスブールに生まれ、幼時からチャップリンのまねをして育つ。職人になるために工芸学校に入ったが演劇にあこがれ、1944年にシャルル・デュランの弟子となって端役を勤めながら、エチエンヌ・ドクルーのクラスでパントマイムを学ぶ。ジャン・ルイ・バロー演出『バチスト』(1947)のアルルカン役で自信を深め、ピエロを現代化したビップという役柄を創造して黙劇専門の劇団を組織。『暁に死す』(1948)や『外套(がいとう)』(1951)などのマイム劇と、「様式のマイム」と名づけられた『風に向かって歩く』『蝶(ちょう)を追う』『青年、壮年、老年そして死』などの小品によって国際的名声を得た。日本にも数度来演した。

[安堂信也]

『M・マルソー他著、尾崎宏次訳『パントマイム芸術』(1971・未来社)』『マルセル・マルソー著、谷川俊太郎訳『かえってきたビップ』(1973・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android