コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルタの鷹

4件 の用語解説(マルタの鷹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

マルタの鷹

米国の作家ダシール・ハメットハードボイルド小説の古典的名作(1930)。原題《The Maltese Falcon》。ハードボイルド探偵の代名詞私立探偵サミュエル(サム)・スペード主人公。1931年ロイ・デル・ルース監督で映画化。1941ジョンヒューストン監督で映画化。

マルタの鷹

1941年製作のアメリカ映画。原題《The Maltese Falcon》。ダシール・ハメットの同名小説の映画化。ジョン・ヒューストンの監督デビュー作となるフィルム・ノワール。出演:ハンフリーボガートメアリーアスターピーターローレほか。第14回米国アカデミー賞作品賞ノミネート

マルタの鷹

1931年製作のアメリカ映画。原題《The Maltese Falcon》。ダシール・ハメットの同名ハードボイルド小説の映画化。監督:ロイ・デル・ルース、出演:ビービー・ダニエルズほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルタの鷹
まるたのたか
Maltese Falcon

アメリカのハードボイルド推理作家D・ハメットの長編小説。1930年発表。探偵サム・スペードのパートナーであるマイルズは、誘拐事件の捜査中、何者かに射殺された。捜査の進展とともに、なおも幾人かの死者が現れ、事件の中心には、マルタ島騎士団がスペイン皇帝に献上したという黄金の鷹の像があることがわかる。それをめぐって悪人たちが暗躍していた。感情を押し殺して悪人たちと腹を探り合うスペードの駆け引きが、ハードボイルド・タッチでよく生かされている。31年、37年、41年の3回映画化されたが、41年のジョン・ヒューストン脚本・監督、ハンフリー・ボガート主演の作品が原作を生かしたハードボイルド映画の古典として評価が高い。[梶 龍雄]
『村上啓夫訳『マルタの鷹』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルタの鷹の関連キーワードクラムダンボアメリカ アメリカあめりか祭アメリカの影アメリカを斬るアメリカン・グラフィティ2知恵の木巴里のアメリカ人ビッグ・アメリカン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルタの鷹の関連情報