コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチスクリーン映画 マルチスクリーンえいが

百科事典マイペディアの解説

マルチスクリーン映画【マルチスクリーンえいが】

1面あるいは多面の映写幕に何台もの映写機から投影する方式の映画の総称。画面の連続性や非連続性を利用して新しい視覚効果を生む目的をもつもので,1964年,1965年のニューヨーク世界博覧会,1967年のモントリオールの万国博覧会以来,新しい映画の表現形式として注目されるようになった。
→関連項目全天全周映画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android