コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチスクリーン映画 マルチスクリーンえいが

百科事典マイペディアの解説

マルチスクリーン映画【マルチスクリーンえいが】

1面あるいは多面の映写幕に何台もの映写機から投影する方式の映画の総称。画面の連続性や非連続性を利用して新しい視覚効果を生む目的をもつもので,1964年,1965年のニューヨーク世界博覧会,1967年のモントリオールの万国博覧会以来,新しい映画の表現形式として注目されるようになった。
→関連項目全天全周映画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android