コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチナロービーム測深機 マルチナロービームそくしんきmulti-narrow-beam echo sounder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチナロービーム測深機
マルチナロービームそくしんき
multi-narrow-beam echo sounder

指向角の狭い音波ビームを 16~60の発射源から同時に船の進路の左右に斜めに発射して測深を行う装置。通常の測深機では船の直下に音波ビームを発射するために,直下の一点しか測深できないが,マルチナロービーム測深機では,船の左右の海底地形を短時間に正確に知ることができる。測深範囲はビームの発射角度によるが,最近では水深の約4分の3の幅の領域の地形を計測できる。米海軍により開発されたが,ゼネラル・インスツルメント社からシービームという名称で発売されるようになった。最初に民間で使用したのはフランスの海洋調査船「ジャンシャルコー」号であった。日本では海上保安庁水路部の「拓洋」が初めて採用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android