コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチヌス Martinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチヌス
Martinus

[生]330頃.パンノニア,サバリア
[没]397.11.8. カンド
フランス,ツールの司教。聖人。ガリア出身のローマ兵士であったが,18歳で受洗し,アリウス派の迫害を避けてガリナリア島に隠遁。 360年頃ポアティエの近くに庵室を営み,それがガリア地方における最初の修道院となった。 372年ツールの司教となり,マルムティエに修道院を設け,まもなくそこが文化活動の重要な中心地となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルチヌスの関連キーワードガルミッシュパルテンキルヘンブラッチオ・ダ・モントーネステファヌス8世(9世)ベネディクツス13世コンスタンツ公会議ブラウンシュワイクカリクスツス3世エウゲニウス1世コンスタンス2世ホノリウス4世マルチヌス1世マルチヌス4世バーゼル公会議ヨハネス23世クレメンス8世ヘンリー5世ブルガルスアールストルーフェンコロンナ家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android