コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチヌス マルチヌスMartinus

1件 の用語解説(マルチヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチヌス
マルチヌス
Martinus

[生]330頃.パンノニア,サバリア
[没]397.11.8. カンド
フランスツールの司教。聖人。ガリア出身のローマ兵士であったが,18歳で受洗し,アリウス派の迫害を避けてガリナリア島に隠遁。 360年頃ポアティエの近くに庵室を営み,それがガリア地方における最初の修道院となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルチヌスの関連キーワードライブビューLive MOSセンサーギリシア美術取締役ケニアントロプス・プラティオプスシティ・フィールドTFT活動TABLE FOR TWOパイレーツ・オブ・カリビアンおおすみ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone