コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチヌス1世 マルチヌスいっせいMartinus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチヌス1世
マルチヌスいっせい
Martinus I

[生]?. トスカナ,トディ
[没]655.9.16. クリミア,ケルソン
トディ出身の第74代教皇在位 649~653)。聖人。649年7月,テオドルス1世(在位 642~649)のあとを継ぎ,西方教会と東方教会の関係を緊張させていたキリスト単意説論争のさなかに登位した。論争を終わらせるため 649年にラテラノ公会議を招集し,ビザンチン皇帝コンスタンス2世(在位 641~668)が発布した,キリストの意志についての討論を禁じた勅令チュポスと,キリスト単意説を糾弾した。コンスタンス2世の命令により,マルチヌス1世はコンスタンチノープルに連行されて公衆の面前で辱めを受け,655年5月,クリミアへ追放された。のちに殉教者(→殉教)として認められた。祝日は 4月13日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルチヌス1世の関連キーワードエウゲニウス1世テオドルス

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android