コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチ商法(連鎖販売取引)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マルチ商法(連鎖販売取引)

購入者が販売員にもなって、新たな購入者を増やす販売方法で、ピラミッド型に販売網が広がりやすい。業界内部ではネットワークビジネスと称している。経済産業省の把握する業者数は約280社で、年間総売り上げは約1兆円(06年度)。金銭の配当だけを目的として無限に会員を集める「ねずみ講」とは違い、マルチ商法は商品やサービスを提供するため合法とされる。ただ、目的を告げない勧誘や品質などでうそをつくと、特定商取引法違反となる。マルチ業者に対して、経産省は07年度に同法違反で業務停止など9件の行政処分を出した。全国の消費生活センターに、マルチやマルチまがいの取引をめぐって寄せられた相談・苦情は、同年度は2万4261件。

(2008-10-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

マルチ商法(連鎖販売取引)の関連キーワードビズ社の仮想空間をめぐるマルチ商法network businessエル・アンド・ジー(L&G)訪問販売等に関する法律訪問販売等に関する法ピラミッドセリングロイヤルジャパンクーリング・オフ産業構造審議会ねずみ講禁止法ブラインド勧誘チェーンメールクーリングオフピラミッド商法連鎖販売取引申込み・承諾マルチ取引消費者契約特殊販売商業政策

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android