コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルテンスの伸び計 マルテンスののびけいMartens extensometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルテンスの伸び計
マルテンスののびけい
Martens extensometer

試験片の伸びを精密に測定するための光てこ拡大方式の伸び計で,引張り試験に用いられる最も基本的な伸び計。 F.マルテンスの考案による。ナイフエッジ,鏡,スケール望遠鏡から成り,ナイフエッジの先端に鏡があって,試験片の伸びとともに傾く鏡の角度をスケールと望遠鏡で求める。拡大率は約 500倍で,1μm程度の伸びまで測定できる。ナイフエッジをころにしたものを「バウシンガーの伸び計」という。弾性範囲をこすような大きな伸びの場合には,平板状の鏡を十二面体の鏡にし,スケールも円弧状のものに替えて測定する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android