マルバアサガオ(円葉朝顔)(読み)マルバアサガオ(英語表記)Ipomoea purpurea(Pharbitis purpurea); common morning glory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルバアサガオ(円葉朝顔)
マルバアサガオ
Ipomoea purpurea(Pharbitis purpurea); common morning glory

ヒルガオ科の一年草で,熱帯アメリカ原産。観賞用に植えられ,栽培品種が多く,花色や葉の色・形に変化が多い。全体はアサガオに似たつる植物で,茎は左巻きで毛がある。葉は長い柄があり,長さ 10cmほどの卵形で基部は心形をなし,軟毛がある。7~8月に,葉腋に花柄を出し,1~5個の紫色系の花をつける。萼は5裂し,外側に短毛がある。この萼片の幅の広いことが,アサガオと大きく異なる点である。花冠は漏斗状で径6~7cmあり,白,桃,赤などのほか八重咲きのものもある。 蒴果は3室で各室に2個の種子を含む。ヨーロッパでは普通に栽培され,日本でもセイヨウアサガオの名で植えられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android