コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルバダケブキ(円葉岳蕗) マルバダケブキLigularia dentata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルバダケブキ(円葉岳蕗)
マルバダケブキ
Ligularia dentata

キク科の多年草で,マルバノチョウリョウソウともいう。中国大陸と日本の本州および四国に生える。山地や深山の草地に生える。大型で茎は 40~120cmぐらいになる。全体に無毛で根出葉は長い柄があり,径 30~40cmの大きな腎円形で基部は深い心臓形をなす。縁には鋸歯があり上面の脈上にはまばらな毛がある。茎葉は2個が互生し,葉柄の基部は袋状にふくれて茎を抱く。7~8月,散房状に黄色の頭花をつける。外側に大きな舌状花,内側に多数の管状花が集り,総包は緑色で大きい。冠毛は赤褐色で 1cmあまりになる。牛馬が食べないため牧場などで食べ残されて目立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android