コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルワリード用水路第1期工事

1件 の用語解説(マルワリード用水路第1期工事の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マルワリード用水路第1期工事

03年3月19日、米軍イラク侵攻の前日に着工。全長13キロ、一日50万トンの水が流れる。直接灌漑(かんがい)され得る耕地は約900ヘクタール。砂漠化した無人地帯に多くの村が復活した。完成区間から順次使われ、クナール河沿いで冬季の渇水に悩む地域約6千ヘクタールでも今冬、小麦が収穫された。

(2007-06-29 朝日新聞 夕刊 文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルワリード用水路第1期工事の関連キーワード小斎いらくらイランイラク戦争小晦日前日酸漿市湾岸危機有事のドル買い(売り)イラクのクルド人イラク戦費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone