マレイ ベイル(英語表記)Murray Bail

現代外国人名録2012の解説

マレイ ベイル
Murray Bail


国籍
オーストラリア

専門
作家

生年月日
1941

出生地
オーストラリア サウスオーストラリア州アデレード

経歴
1965年頃より創作活動に入り、「ニューヨーカー」などに発表する。ボンベイに2年間、’70〜74年ロンドンに滞在。処女作「ホームシックネス」でオーストラリア国立図書評議会賞を、次作「Holden’s Performance」でヴィクトリア・プレミア賞を受賞。執筆に十年余を費やした長編小説第3作に当たる「ユーカリ」(’98年)で、コモンウェルス作家協会賞とマイルズ・フランクリン賞をダブル受賞し、英米の書評欄でも絶賛された。他の作品に短編集「同時代の肖像その他の短編」(’75年)など。’80年代初頭のオーストラリア国立美術館評議員在任中には、自国の代表的抽象画家、イアン・フェアウェザーの評伝「イアン・フェアウェザー論」を執筆した。シドニー在住。

受賞
オーストラリア国立図書評議会賞「ホームシックネス」;ヴィクトリア・プレミア賞「Holden’s Performance」;コモンウェルス作家協会賞「ユーカリ」;マイルズ・フランクリン賞「ユーカリ」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android