コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレーシア・リンギ

1件 の用語解説(マレーシア・リンギの意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

マレーシア・リンギ

MYR、マレーシア・リンギット、リンギ。マレーシアの通貨。1986年以降マハティール政権下において、外貨の積極的な導入による輸出指向型工業化政策を推進し高度成長を達成。1997年に通貨・金融危機による経済困難に直面したが、IMFの支援を仰がずに独自の経済政策を推進。アジア通貨危機を乗り切る通貨管理政策の一環で、1998年9月に為替管理措置を導入し固定相場制へ移行したが、2005年7月には通貨バスケット制による管理変動相場制に移行。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マレーシア・リンギの関連キーワード輪業アンギュレーションクリンギールックジェネレーションギャップシリンダーシルエット稟議ナリンギナーゼナリンギンMYRリンギリンギット

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレーシア・リンギの関連情報