コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンションの耐震補強

1件 の用語解説(マンションの耐震補強の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マンションの耐震補強

81年5月以前の基準は「震度5程度にたえうる住宅」だったが、同年6月の建築基準法改正で「震度6強以上で倒壊しない住宅」となった。耐震診断では1級建築士らが柱や壁の強度、コンクリートの劣化などを調査、構造耐震指標(Is)の数値で判断する。現在の基準にあたるIs値0・6を下回る建物は、補強が必要とされる。(1)耐震壁の増設(2)柱に炭素繊維を巻きつける(3)壁に補強用鉄骨を入れる-などの工法のほか、制震や免震工法がある。

(2007-01-07 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンションの耐震補強の関連キーワード計測震度軽震遺憾にたえない耐震化耐震強度給食基準構造耐震指標(Is値)新耐震基準と旧基準の違い耐震基準学校の耐震化率

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone