コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジュウボヤ(饅頭海鞘) マンジュウボヤ Amaroucium pliciferum

1件 の用語解説(マンジュウボヤ(饅頭海鞘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マンジュウボヤ【マンジュウボヤ(饅頭海鞘) Amaroucium pliciferum】

尾索綱ホヤ目マンジュウボヤ科の原索動物。本州中部よりフィリピンにわたって分布し,低潮線下の岩石などに付着している。長さ12cm,高さ5cmほどのまんじゅう状の群体をつくり,底面のほぼ中央で他物に付着する。半透明な淡紅色の外皮でおおわれ,橙色の多くの個虫が並んでいるため全体が赤紅色に見える。個虫は長さ2cmほどで,後腹部が外皮中に垂直に埋まっていて15~30個虫が細長い系列をつくる。各系列の中には1~3個の共同排出孔がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンジュウボヤ(饅頭海鞘)の関連キーワードアカボヤ原索動物サルパ尾索類亜門半索動物光海鞘海鞘魚介類蒸し饅頭

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone