マンスフィールド(Peter Mansfield)(読み)まんすふぃーるど(英語表記)Peter Mansfield

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンスフィールド(Peter Mansfield)
まんすふぃーるど
Peter Mansfield
(1933―2017)

イギリスの物理学者。ロンドンに生まれる。ロンドン大学を1959年に卒業、1962年同大学で博士号を取得した。イリノイ大学で研究助手として過ごしたのち、1964年ノッティンガム大学物理学講師となり、1979年教授に昇格した。その間、1972年にドイツのマックス・プランク研究所の客員研究員となっている。1993年ナイトの爵位を授与された。

 1970年に入ってから核磁気共鳴(nuclear magnetic resonance:NMR)を人体の検査に使う研究を開始した。NMRの原理は1946年に発見されたが、この現象を用いて人体の内部を調べる方法が磁気共鳴映像法(magnetic resonance imaging:MRI)である。強い磁気を与えて得られた人体内部からのデータを数学的手法で解析することにより、すばやく、正確にMRI映像を得る方法を開発した。この業績により、2003年のノーベル医学生理学賞を受賞、MRIの基本原理を発見したラウターバーとの共同受賞であった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例