コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンスフェルト家 マンスフェルトけMansfelder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンスフェルト家
マンスフェルトけ
Mansfelder

ドイツ史上の名家。ザクセンのアンハルトの南に領地をもっていたマンスフェルト伯を始祖とする。マンスフェルト・ホーバー (1115没) はサリ=フランク族を支援してザクセンに敵対し,戦死。家系は一時断絶したが,その後再興されて,フォルダー (前) ,ヒンター (後) の両家に分れ,ヒンター家のゲルハルト (1558没) とアルブレヒト (1480~1560) は M.ルターの保護者として知られた。フォルダー家からさらに6家が派生し,このうちフリーデブルク家のペーター・エルンスト1世 (17~1604) は神聖ローマ帝国の公家を創設。 1780年マンスフェルト家の男子継承者が絶えたため,女子後継者と結婚していたコロレド公が,89年にコロレド=マンスフェルト公家を創設。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android