コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダレーの金箔精製工場 マンダレーのきんぱくせいせいこうじょう

1件 の用語解説(マンダレーの金箔精製工場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マンダレーのきんぱくせいせいこうじょう【マンダレーの金箔精製工場】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーにある金箔を製造する工房。金箔は、仏像やパゴダ(仏塔)、寺院の装飾には欠かせないもので、この工場では金箔の製造過程が見学できる。竹の皮を3年間水につけてやわらかくして、それを乾燥させて叩いて薄く伸ばし、その竹の皮に金粉を包んで、それを大きなハンマーでひたすら叩き続けることで金箔をつくる。工房では金箔が飛ばないように、暑くても窓を締め切ったまま作業を行わなければならない。出来上がった金箔は金色に輝く仏像や仏塔に貼られる。◇ミャンマーでは、参拝客が仏像の思い思いの場所に金箔を貼る習慣がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンダレーの金箔精製工場の関連キーワードパガンピンマナマンダレーミャンマーОшミャンマーの反政府デモミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone