コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダレーの金箔精製工場 マンダレーのきんぱくせいせいこうじょう

1件 の用語解説(マンダレーの金箔精製工場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マンダレーのきんぱくせいせいこうじょう【マンダレーの金箔精製工場】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーにある金箔を製造する工房。金箔は、仏像やパゴダ(仏塔)、寺院の装飾には欠かせないもので、この工場では金箔の製造過程が見学できる。竹の皮を3年間水につけてやわらかくして、それを乾燥させて叩いて薄く伸ばし、その竹の皮に金粉を包んで、それを大きなハンマーでひたすら叩き続けることで金箔をつくる。工房では金箔が飛ばないように、暑くても窓を締め切ったまま作業を行わなければならない。出来上がった金箔は金色に輝く仏像や仏塔に貼られる。◇ミャンマーでは、参拝客が仏像の思い思いの場所に金箔を貼る習慣がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone