コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントルゾルフ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マントルゾルフ

公的な介護サービスではなく、親類や友人、近所の人が長期に提供するケアを指す。オランダの全国マントルゾルフ提供者・ボランティア協会によると、この言葉は1970年代から大学教授らによって提唱され始め、一般に知られるようになった。2008年には約260万人が介護にあたった。内訳で最も多いのは子どもの4割。配偶者らは2割、友人や近所の人、その他の親類は3割を占める。

(2013-02-20 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android