コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンネングサ(万年草) マンネングサSedum lineare

2件 の用語解説(マンネングサ(万年草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンネングサ(万年草)
マンネングサ
Sedum lineare

ベンケイソウ科の多年草オノマンネングサ (雄の万年草) ともいう。本州,四国,九州から沖縄,中国大陸南部にかけて広く分布する。山地の岩上に生え,観賞用に栽培されることもある。全体に多肉性で,茎は地をはい,葉は長さ 2cmほどの線形で先は次第に細くなり,鈍頭である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンネングサ【マンネングサ(万年草) stonecrop】

ベンケイソウ科マンネングサ(キリンソウ)属Sedum(セダム)のうち,マンネングサ亜属の総称。マンネングサ亜属は北半球東アフリカの高山に約200種あり,日本には北海道を除き21種が見られる多年生多肉植物で,普通は根茎がなく,葉に鋸歯を欠き,多数分枝し,地面をはう。日本産の種類は葉序で大別できる。葉が3輪生するものには,葉が線形のオノマンネングサS.lineare Thunb.,葉が菱形で地面を50cmもはうツルマンネングサS.sarmentosum Bungeがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマンネングサ(万年草)の言及

【セダム】より

…ロックガーデン,花壇,鉢植えなどに広く用いられる。英名はstonecrop,orpine,live‐forever。普通,花弁と心皮は5数性,おしべは10本。…

【ベンケイソウ】より

…多肉葉を発達させるが,托葉を欠き,花弁と心皮の間に小さな鱗片(みつ腺)がある。セダム亜科は北半球に広く分布し,花はおもに5数性で,離弁,おしべは10本,代表属はマンネングサ(セダム)属Sedumや,ロゼット葉が顕著なイワレンゲ属Orostachys。クラッスラ亜科は南アフリカに集中し,アズマツメクサ属Tillaeaのみが,北半球やオーストラリアに分布する。…

※「マンネングサ(万年草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone