コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンネンタケ(万年茸) マンネンタケGanoderma lucidum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンネンタケ(万年茸)
マンネンタケ
Ganoderma lucidum

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。ウメなどの広葉樹の切り株,枯れ木の根もと,まれに生木の幹上に生じる。子実体の殻皮がコルク化して硬くなり,サイワイタケ (幸茸) ,レイシ (霊芝) とも名づけられている。子実体の傘は腎臓形,まれに円形となる。円柱形の柄を側生する。傘の大きさは長径5~13cm,厚さ 1cmぐらい,表面の殻皮はなめらかでつやがあり,赤褐色または紫褐色。下面は黄白色,コルク質,成熟すると肉桂色を帯び,細かい円形の孔口をもつ。茎は太さ 0.6~2cm,長さ3~15cmとなり,黒色で漆を塗ったような光沢がある。胞子は卵形,淡黄褐色。日本全土,北半球に広く分布する。形,色などがおもしろいので好んで飾り物などにされる。この菌は腐生性であるので,広葉樹のおが屑に栽培してキノコをつくらせている。類似種に針葉樹に生じるマゴジャクシ (孫杓子) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンネンタケ【マンネンタケ(万年茸) Ganoderma lucidum (Leyss.ex Fr.) Karst.】

担子菌類マンネンタケ科のキノコ(イラスト)。サルノコシカケの1種で,柄をもつ。中国では霊芝(れいし)といい,古来の道教瑞祥象徴とした。《日本書紀》《続日本紀》《日本後紀》などに記述がみられ,日本でも吉祥の象徴とされてきた。ヨーロッパ,アメリカ,アフリカ,アジアに広く分布し,日本では本州以南の広葉樹の根際切株に発生する。有茎で堅い。傘と柄の表面は漆状の殻皮におおわれる。傘は類円形,初めは卵黄色のちに赤褐色から黒色となり,径20cmに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマンネンタケ(万年茸)の言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…またシイタケをはじめとしてキノコ全般にわたって制癌物質の探求が進められ,とくにシイタケについては制癌性のほか対ウイルス病に関しても期待がよせられている。そのほか中国で古くから霊芝(れいし)の名で不老長生のキノコとされたマンネンタケの栽培が開発された。【今関 六也】
[キノコ栽培]
 食用や薬用のキノコ栽培は,世界的にみると,マッシュルームが生産量の過半を占め,シイタケがこれにつぐ。…

※「マンネンタケ(万年茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンネンタケ(万年茸)の関連キーワードマゴジャクシ(孫杓子)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android