コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンパワー政策 マンパワーせいさくmanpower policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンパワー政策
マンパワーせいさく
manpower policy

企業や国の掲げる目標を達成するために必要な人的資源すなわち労働力がマンパワーで,これを効果的,効率的に確保,養成,活用するための政策をいう。日本では 1963年内閣の諮問機関である経済審議会の人的能力部会がこの問題に関する答申を行い,その後のマンパワー政策に大きな影響を与えた。その骨子は,(1) 年功序列から能力主義への転換,(2) 科学的管理技術教育の充実,(3) 産学協同の推進,(4) 試験検定制度の拡充などで,その後この政策は国の施策や企業内教育訓練などを通じて次第に具体化されてきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンパワー政策の関連キーワード教育投資論人材政策雇用政策高等教育

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android