コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンロー チヨ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

マンロー チヨ

1885-1974 明治-昭和時代の看護婦。
明治18年6月6日生まれ。大正7年から軽井沢サナトリウムに勤務。昭和7年院長のN.G.マンローとともに北海道平取(びらとり)村の二風谷(にぶたに)に診療所をつくり,12年マンローと結婚。貧困や結核にくるしむアイヌ民族の治療につくした。昭和49年6月29日死去。89歳。香川県出身。日赤香川支部看護婦養成所卒。旧姓は木村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

マンロー チヨ

明治〜昭和期の看護婦



生年
明治18(1885)年6月6日

没年
昭和49(1974)年6月29日

出生地
香川県

旧姓(旧名)
木村

学歴〔年〕
日赤香川支部看護婦養成所卒

経歴
日露戦争に従軍し、勲八等宝冠章を受ける。大正7年から軽井沢サナトリウムに勤務。院長の英国人医師・マンローとともに、昭和7年北海道平取村の二風谷に診療所を開設し、病気と貧困に苦しむアイヌの救済に尽力。12年マンローと結婚、戦時下で迫害を受ける夫をかばい、診療とアイヌ研究を助けた。17年夫の死去後に、29年まで軽井沢サナトリウムに勤務した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

マンロー チヨの関連キーワード桑原 千代子桑原千代子昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android