マーク アンドリーセン(英語表記)Marc L. Andreessen

現代外国人名録2012の解説

マーク アンドリーセン
Marc L. Andreessen


国籍
米国

専門
プログラマー

肩書
ラウドクラウド会長;ネットスケープ・コミュニケーションズ技術担当副会長

生年月日
1971/7/9

出身地
米国 ウィスコンシン州ニューリスボン

学歴
イリノイ大学〔1993年〕卒

経歴
1992年イリノイ大学学生で、同大学のナショナル・センター・フォー・スーパーコンピューティング・アプリケーションズ(NCSA)のスタッフだった時、WWWブラウザーソフトのモザイクのアイデアを思い付いた。’93年初めNCSAのスタッフと共同でモザイクを開発、インターネットでの配布を始めた。大学卒業後、カリフォルニア州のコンピューター会社勤務を経て、’94年ジム・クラークと共同でネットスケープ・コミュニケーションズを設立。新たにWWWブラウザーソフト“ネットスケープ”を開発し、オープンソフトウエアとしてインターネット上で無料公開、反響を呼ぶ。また24歳で「タイム」の表紙を飾るなど一躍マスコミ界の寵児となる。’99年春アメリカ・オンライン(AOL)に買収され、同社の最高技術責任者(CTO)に就任。同年ネットサービスの提供会社・ラウドクラウドを設立。2001年株式を公開。オプスウェアに社名変更後、2007年同社はヒューレット・パッカードに買収される。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android