マーク ナタンソン(英語表記)Mark Andreevich Natanson

20世紀西洋人名事典の解説

マーク ナタンソン
Mark Andreevich Natanson


1850 - 1919
ソ連(ロシア)の活動家。
ビリニュス県生まれ。
医科大学に入学。学生運動に参加し度々逮捕された。1871年革命的ナロードニキ運動の母体となったチャイコフスキー派サークルを結成。後流刑されるがペテルブルグに1876年に戻り、秘密結社「土地と自由」の創立を主導。その後も逮捕を繰り返し、1905年エス・エル党に加入し、中央委員となる。’17年左派エス・エル党の中心となり10月革命を指示した。後左派エス・エル党反乱後「革命的共産主義者」派に属したが、病気により出国。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android