マーク ナタンソン(英語表記)Mark Andreevich Natanson

20世紀西洋人名事典の解説

マーク ナタンソン
Mark Andreevich Natanson


1850 - 1919
ソ連(ロシア)の活動家。
ビリニュス県生まれ。
医科大学に入学。学生運動に参加し度々逮捕された。1871年革命的ナロードニキ運動の母体となったチャイコフスキー派サークルを結成。後流刑されるがペテルブルグに1876年に戻り、秘密結社「土地と自由」の創立を主導。その後も逮捕を繰り返し、1905年エス・エル党に加入し、中央委員となる。’17年左派エス・エル党の中心となり10月革命を指示した。後左派エス・エル党反乱後「革命的共産主義者」派に属したが、病気により出国。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android