コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーコン(馬公)市 マーコンMagong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーコン(馬公)〔市〕
マーコン
Magong

タイワン(台湾)本島の西方に浮かぶポンフー(澎湖)島の西岸にある市。ポンフー県の県庁所在地。タイワン(台湾)海峡横断の中継地であるポンフー(澎湖)群島の中央にあり,天然の良港を擁するため,明の万暦年間以後,漢民族タイワン移住が盛んになるにつれて,港町として発達した。日本領時代には海軍の要港ともなった。カオシュン(高雄)市タイナン(台南)市タイペイ(台北)市などとの間に航路が開かれ,島の南部に飛行場がある。万暦20(1592)年建立のタイワン最古の廟である天后宮(媽祖廟)のほか観音亭など歴史的建造物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マーコン(馬公)市の関連キーワードポンフー(澎湖)群島カオシュンタイペイタイナン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android