コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャルのk マーシャルのケーMarshallian k

翻訳|Marshallian k

世界大百科事典 第2版の解説

マーシャルのケー【マーシャルのk Marshallian k】

一国の名目国民所得に対する通貨供給量の割合。家計や企業は,取引を円滑に行うため,その所得の一部分を通貨の形で保有する。この割合は,通貨以外の資産に投資した場合に得られる利回りや,通貨の使用に関する制度・慣習(クレジットの利用や給与支払の頻度等)に依存すると考えられるが,この点を初めて明確に記述したA.マーシャルの著書《貨幣,信用及び商業Money,Credit and Commerce》(1923)にちなんで,マーシャルのkと呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーシャルのkの言及

【貨幣数量説】より

…これは取引の総価値額の代りに名目国民所得を用いるもので,MV″=PYまたはMkPYと書く(この方程式を〈現金残高方程式〉または〈ケンブリッジ交換方程式〉という)。ここで,V″は貨幣の所得速度,Pは物価水準,Yは実質国民所得,k(マーシャルのk)はV″の逆数=Yのうち貨幣の形で保有しておこうとする割合である。この定式化によって,取引総額が中間生産物や原材料や資本取引をも含みうることからくるあいまいさを除去するとともに,国民所得と総取引との間には一定の関係があり,その取引を円滑に行うため所得の一定部分kに等しい量の貨幣が人々によって需要されると考えた。…

※「マーシャルのk」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マーシャルのkの関連キーワードマーシャルのK(Marshallian k)マネー・サプライマーシャルのk貨幣数量説貨幣主義物価