コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャルのK(Marshallian k)

1件 の用語解説(マーシャルのK(Marshallian k)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

マーシャルのK(Marshallian k)

一国の経済活動表すGDP(国内総生産)にとって、マネーサプライ(通貨供給量)が適正水準にあるかどうかを判断するための指標。イギリスの経済学者であるアルフレッドマーシャル(AlfredMarshall)によって考案。GDPを1としたときに、マネーサプライが何倍であるかを表す。したがって、マーシャルのKの値が大きいほど、世の中に多くのお金が出回っていることを示す。

出典|(株)マネーパートナーズ
外国為替用語集について | 情報

マーシャルのK(Marshallian k)の関連キーワードGDPギャップGDPデフレーター内需外需デフレーター(Deflator)国内総生産GDP経済成長率貿易依存度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone