コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャルのK(Marshallian k)

1件 の用語解説(マーシャルのK(Marshallian k)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

マーシャルのK(Marshallian k)

一国の経済活動表すGDP(国内総生産)にとって、マネーサプライ(通貨供給量)が適正水準にあるかどうかを判断するための指標。イギリスの経済学者であるアルフレッドマーシャル(AlfredMarshall)によって考案。GDPを1としたときに、マネーサプライが何倍であるかを表す。したがって、マーシャルのKの値が大きいほど、世の中に多くのお金が出回っていることを示す。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャルのK(Marshallian k)の関連キーワード経済成長率GNP/GDPQE実体経済実質国内総生産(GDP)GDP(Gross Domestic Product)経済成長率(Economic Growth Rate)国内総生産(GDP:Gross Domestic Product)国内総生産(GDP)県内総生産

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone