コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャルのK(Marshallian k)

外国為替用語集の解説

マーシャルのK(Marshallian k)

一国の経済活動表すGDP(国内総生産)にとって、マネーサプライ(通貨供給量)が適正水準にあるかどうかを判断するための指標。イギリスの経済学者であるアルフレッド・マーシャル(AlfredMarshall)によって考案。GDPを1としたときに、マネーサプライが何倍であるかを表す。したがって、マーシャルのKの値が大きいほど、世の中に多くのお金が出回っていることを示す。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

マーシャルのK(Marshallian k)の関連キーワードマーシャルのkマネー・サプライマーシャルのk貨幣数量説貨幣主義国民所得物価

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android