コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャル族 マーシャルぞくMarshallese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーシャル族
マーシャルぞく
Marshallese

ミクロネシア,マーシャル諸島に住む民族。 232の環礁,800あまりの小島に散在する。言語はオーストロネシア語族に属する。人口約4万 8000と推定される。約 20の母系外婚氏族に分れ,各氏族の支配地は各列島内の数多くの環礁,島にわたって散在していた。強力な首長のもとに階層別の貢納制度があり,首長の権威は神格化されていた。しかし,20世紀初頭からキリスト教の受容,貨幣経済の浸透などで伝統的な生活様式は急激に変質し,近年は核家族化の傾向が目立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone