コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャル・プラン Marshall Plan

世界大百科事典 第2版の解説

マーシャル・プラン【Marshall Plan】

1947年から開始されたアメリカの対西ヨーロッパ援助計画。正式にはヨーロッパ復興計画European Recovery Program(ERP)といい,同年6月5日,アメリカ国務長官G.C.マーシャルハーバード大学における演説で,ヨーロッパ諸国に対して復興援助を供与する意志のあることを表明した。 この計画の立案にあたっては,国務・陸・海三省調整委員会(SWNCC)とG.F.ケナン主宰の国務省政策企画本部,W.クレートン国務次官が重要な役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーシャル・プランの言及

【冷戦】より

…アメリカはまず西欧の経済復興にのりだした。西欧の強化と同時に内側からの共産化を防止することがねらいであり,それは1947年6月,マーシャル・プランとなって示された。これに対してソ連は参加拒否の態度をとり,9月にはコミンフォルムを創設しそれに対抗した。…

※「マーシャル・プラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マーシャル・プランの関連キーワード経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)OECD(Organization for Economic Cooperation and Development)ハリマン(William Averell Harriman)マーシャル(George Catlett Marshall)ERP(European Recovery Program)アチソン(Dean Gooderman Acheson)タフト(Robert Alphonso Taft)クリスチャン・アーチボールド ハーターフランス労働総同盟=労働者の力経済協力局[アメリカ合衆国]シオドー・ハロルド ホワイトジョージ・C. マーシャルディーン・G. アチソンヨーロッパ経済協力機構トルーマンドクトリンアーサー ディーキンペータースベルク協定フランス労働総同盟労働組合諮問委員会経済協力開発機構

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーシャル・プランの関連情報