コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マージャン(麻雀)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マージャン(麻雀)

中国を起源とし、136個の(パイ)を使って遊ぶ。4人に13個ずつ牌を配り、牌の組み合わせで上がりを競う。日本では、明治末期に中国・四川省で教師をしていた日本人が牌を持ち帰って同僚たちに教えたのが始まりとされ、その後に作家の菊池寛らが普及に力を入れた。3人で牌を囲む「サンマ」という遊び方もある。刑法の規定に基づき、金銭を賭けると違烹

(2011-12-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

マージャン(麻雀)の関連キーワードちょんぼ門前聴牌ジャン卓ジャン荘十三么九中張牌字一色老頭牌清一色三元牌一盃口三暗刻徹マン混一色緑一色対対和和了索子半荘対面

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マージャン(麻雀)の関連情報