マージャン(麻雀)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マージャン(麻雀)

中国を起源とし、136個の(パイ)を使って遊ぶ。4人に13個ずつ牌を配り、牌の組み合わせで上がりを競う。日本では、明治末期に中国・四川省で教師をしていた日本人が牌を持ち帰って同僚たちに教えたのが始まりとされ、その後に作家の菊池寛らが普及に力を入れた。3人で牌を囲む「サンマ」という遊び方もある。刑法の規定に基づき、金銭を賭けると違烹

(2011-12-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android