マージョリー・K. ローリングズ(英語表記)Marjorie Kinnan Rawling

20世紀西洋人名事典の解説

マージョリー・K. ローリングズ
Marjorie Kinnan Rawling


1896 - 1953
米国の作家。
ワシントン生まれ。
ジャーナリストとして活躍後、1928年フロリダの奥地のオレンジ園に移住。農業の傍ら、創作活動を行い、同地を舞台とした地方色の濃い作品を手がけ、地方作家の一人として知られる。子鹿と12歳の少年との交情を描いた「子鹿物語」(’38年)はピュリッツァー賞を受賞後、映画化される。作品は他に「月が天底にある時」(’33年)、「逗留者」(’53年)、短編集「夜鷹が」(’40年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android