コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マージー・ビート[Mersey beat] マージービート

1件 の用語解説(マージー・ビート[Mersey beat]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

マージー・ビート[Mersey beat]

'50年代後半のイギリスにおけるスキッフル・ブーム以降、リバプールで活動していたビートグループビートルズの成功で注目を集め、ブームになったもの。リバプールがマージー川の沿岸都市(マージサイド)だったことから来た呼称。ジェリー&ザ・ペイスメーカーズ、ビリー・J・クレイマー&ザ・ダコダズ、サーチャーズ、フォーモストなど。別名リバプール・サウンド

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マージー・ビート[Mersey beat]の関連キーワードイギリス経験論イギリス連邦イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争ニヒリストイギリス巻キルヒホッフの昇華熱の式ユース・エクスチェンジ・スキーム(Youth Exchange Scheme)ボックスキックイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone