マーセル加工(読み)マーセルかこう(英語表記)mercerization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーセル加工
マーセルかこう
mercerization

シルケット加工ともいう。綿の加工法の一種で,J.マーサーによって発明された (1850) ところから,この名がある。綿繊維を冷濃のカセイソーダ液につけると,アルカリ液を吸収して著しく膨潤,収縮する。そのあとでカセイソーダを除去すると絹のような光沢が加わり染色性を増すようになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android